Thursday, May 18, 2017

2年前にはこういう映像撮って編集したっけ



撮影して翻訳して字幕付けてこんなの作ってた。
これはホットバイクの付録だっだんだ。
日本の店でも走るカット入れたりしてこう言うの作らないかな?
お問合せは右のメールリンクかHBJに。


Sunday, May 14, 2017

Yossy'sのすぐ近所にあるコンビニで売ってる100円の苺は恐ろしく甘く、素敵で乗りやすいチョッパーにのせてもらった話

次号156号の取材に行って来たよ
HBJの本誌とは内容がかぶらないように取材記のサイドストーリー的なことを書くから
記事を楽しみにしててください。
3泊4日の取材ツアーはこの店から始まった。
僕は前日ASKの山本さんのライブが面白かったり、原稿がおわらなかったりで
1時間くらいウトウトしてから編集部に集合。
磯部さんのドライブで気が付いたらこの苺の天国に着いてた。

苺やみかんがすごく安くて美味しいちいさな町


僕の朝ご飯は苺と牛乳



到着したのはYossy's



ビートルで試乗用にガソリンを買って来てくれました。




カッコいい上にニュートラルなハンドリングですごく乗りやすかった。
もっとたくさん見せたり感想を言いたいんだけど、そうも行かないからさ。

あと10日ちょっとで本が書店に並びます。


ワイヤー引きでかっこいい右ブレーキは
リアにある別系統のキャリパーへ。


こうやって撮った写真をすこし加工して取材現場からインスタに上げてる。

https://www.instagram.com/inuchopper/


本当にお世話になりました。

Thursday, May 4, 2017

僕が(あまり)食べ物の写真をSNSに載せないわけ。

SNSは自分の人生をちょっと盛ってみんなに公開する
「公開ウソ日記」だと思ってる。
僕だってバイクを写す時は後ろを少し片付けたり、きれいに拭いたりして少しよく見せようとするしさ。
僕がほとんど見ないかスルーしちゃうのは
食べ物の写真。あれは猫が僕が寝ている枕元に死にかけた雀を自慢げに持って来て
僕をぎょっとさせるアレと同等のメンタリティなんだと思う。
食べ物って害がないし見た目もいいし芸能人とかでも一番無害にアップ出来る内容なんだ。
僕はたいしたもの食べてないし、だいたいのご飯は家で自分で作ったものだからさ、
そんなものアップしたくもないし誰かの普通のご飯だって見たくない。

ま、あまりSNS向きじゃない生活を送ってるんだ。

僕が好きなのは誰かのバイクとかどっか行った話とか知ってる人が遊んでるところとか
きれいな景色や動物の写真。

興味ないのは、おっさんのキメ顔自撮り、これが一番見たくない。
多分50歳くらいの元ヤンキーみたいな世代が一番カメラを睨みつけて
キメ顔してる。オマエは東映Vシネマかと問いたい。
それに比べたらおいしいご飯の投稿の方がまだマシかな。






Wednesday, May 3, 2017

ウルトラマニュアルで何作る?

ウルトラマニュアルってのはもちろん造語で、ホットバイクの池田編集長が考えた言葉だ。
僕自身は自分がやってることは道具がない人にとって当たり前の作業だと思ってたから、そんな特別な感じでやってなかったんだ。
例えばテールランプのガラスレンズを留めるクリップの溝を小さくなったサンダーの刃で作るとか、カッチリした形に削り出された部品を鋳物的に丸みを帯びた感じでさらにパーティングラインまで再現するとか。

なかったら作るしかないし、お金がないとか、作ってくれるところがなくて頼めないなら
結局は自分が出来るやり方で作るしかないじゃん。


こっちはトップブリッジ。
正確に輪郭を切ったり、フォークの入る穴を開けるのはもっとも苦手なうえに
自分で出来ない作業なのでお願いした。





これがアンダーブラケットが出来る途中

裏側は割を入れた部分が締まりやすいように溝を掘ってもらった。


工場長に頼んでた機械加工が上がって来た状態。
チョッパーならもうこのままメッキして使っても十分カッコいい。



僕のお手本は本物
大神戸で33.4ミリ用は出てたけど、
僕のは35ミリ用だから結局自分で作った。
多分33.4用を買って内径だけ加工屋さんに広げてもらうのが
一番早くて安くて手っ取り早いはず。


ウルトラマニュアルと呼ぶのは少し抵抗がある。
特別に19世紀的やりかたにこだわってるわけでもないし
機械でやってもらえるならやってもらいたいし。
ただ、特に最後の仕上げ部分の領域では誰かに頼むと自分の考えていた仕上がりとは
イメージが違うとかさ、いろいろあるじゃん。
塗装とかもそう。
だから自分のイメージが固まってるなら自分でできるのが一番だけど、

もし君自身で作業するのが難しいと思うなら、

それを相手に十分伝えることが出来たらいいんだ。
作業する人に自分の完成イメージを伝えられたら、
自分ですべてを作業しなくてもいい結果が得られると思う。

ヤスリの技術とか、溶接ができたらそれは最高だけど、

何が欲しいのか、どういうものが自分の理想なのか
それを知ることが一番なんじゃないかな。