Wednesday, April 18, 2018

チャレンジする人と自己責任

 何かを工作してものを作ることや、そのやり方を紹介することが多いこのブログだけど、基本的に「この通りやって失敗しても知りません」とか「自己責任でお願いします」みたいなことは書かないように気をつけてる、これは基本的にはみんなの退屈しのぎなんだし、そんなこと書いたらカッコ悪いじゃん。
そういう注意書きを書いておいたらどっかの誰かが失敗した時に責任取らなくていいって法律でもあるのかしら?

こっちもやり方や、作業をやってる様子までアップしてるんだから
わざわざそんなこと書くなんて野暮ってもんじゃない?


もちろん君達がブログのマネして大けがしたって僕は知らないぜ。
当たり前じゃん、DIYには労災なんてない。
失敗したら自分が痛い目に遭うのは当たり前。
だいたい失敗して騒ぐやつに限って他人のせいにしたがりそうだし、
だからってそんなヘマやったりドジを踏むやつがいるかも知れないリスク回避のために自分が面白いと思うことを書かないなんてもったいないだろ?
僕が時々書いてるホットバイクもそういうところには実におおらかで、ケガしても知らないけどマネしないで下さいとかの注意書きも書かない。ちょっとカッコいいよね。

おまじないみたいに「自己責任で」って、そもそも自己責任っていう言葉自体が冷たい感じしない?失敗しても自己責任なんてみんなわかってる。他人の書いた記事を鵜呑みにして失敗して、さらに誰かに責任をなすりつけるようなやつはちょっと問題アリだと思う。

だけど、ただ失敗した人に、失敗したのはオマエがドジ踏んだからからだ!ってわざわざ指を突きつけるように感じる言葉。あるいはちょっと嘲笑してる感じ、それが自己責任。
僕の被害妄想かな?
もちろん失敗するより成功した方がいいし、出来ないより出来た方がいいに決まってる。

それでもこれからチャレンジするやつを出来るやつが嘲笑するなんてぜんぜんカッコ良くない。
今から20年くらい前、とある会社に削り出しの部品をお願いするために相談した時、何番台のアルミを使ってどうしたこうしたなんて話になって、それはどういうアルミですか?って聞くとすごく丁寧に教えてくれて僕もメモ取ったりして勉強になった。
5000番台ってなんですか?って訊かれて「そんなのも知らないの?」っていちいち言うやつもいたんだけど、そいつは心が狭くてコチンも小さいヤツだな。
知らないから訊いてるんだぜ親切にしてやれよってその時思ったのさ。






Tuesday, April 17, 2018

がんばって面倒くさい作業をしてサブフレームを下げた
FTR
相対的に尻下がりなんだよね。
でもカチ上がったサブフレームは下がって正解だった。




シートの前側を削ったりしたけど
どうも納得いかない。
どこかを改善したらどこかが気になる。
カスタムとはそういうものなのです。
試しにリアサスのマウントを少しずらしてみたら
いい感じの高さになる。
でも、ここにはマウント出来ないよね。
そこで上側を軸にリア側に傾けて、
それに合わせたマウントを作る



ダミーのエンジンマウント改の部品を元に
穴位置とステーのサイズを作図。

ちょっと形を直す。
これいきなり溶接しちゃっていいかは未定。
ホントの結果は走ってみないとわからないから
まずは取り外し可能なボルトオンで計画する。
2枚の鉄板はズレないようにバイスプライヤーで固定して同時に穴開けとか整形をすると
左右とも同じ形になるよ。
すこしリア側に振って、ステーをつける。
元々ショックがあったところは
ボルトで締めて凹まないようにピッタリのカラーを入れてある。

これで問題ないようなら黒皮を剥がしてフレームに溶接しちゃう。 




上が使用前、下が使用後


うん、これなら全然尻下がりじゃない。
早く走って結果を見てみたい。



あと少しマイナーチェンジで
薄いアルミ板の両端と中心にに穴を開けて
ゼッケンを上下でクイックファスナー固定。


僕はこういうギミックに非常に弱いのである。

Monday, April 16, 2018

おにぎりは5個

これはヤバいな…
気が付けは雪はXRのシートレザーの赤と黒の色が見えなくなるほど、降り積もっていた。
時刻は冬山の遭難認定時間16時を大きく回って19時。ここは雪国新潟と群馬の県境の山の中。4人で山越えルートにチャレンジ中、しとしと降る雨からかなり激しい雪に天候が変わって1時間が過ぎた頃だったか。
ここまで、直径1mを越える倒木や、鎖場をロープと人力で担ぎ上げるような難所をいくつも越えて、後は全部下りになる峠まであと少しと言うところで来たのだが、岩場に降り積もった雪でタイヤがまったくグリップしなくなってしまったのだ。
もうこれ以上進むことはできない、となるとあの難所だらけでつづら折れの狭い山道を下るしかない。しかしこうしている間にも雪は降り続き、モトクロスブーツのフラットなソールでは歩くのもままならない。

僕とはっとりさんの持っていた行動食はコンビニエンスストアで買ったおにぎりが五個と、スニッカーズ。途中食べたからおにぎりの残りは2個、飲み水と、当時まだ吸っていた煙草が5本。
僕らはゴアテックスのウエアで、下には素肌にマイクロフリースの長袖シャツ。
他の2名はモトクロスジャージとエンデューロジャケットのみ。
素肌から容赦なく体温を奪い去る雪でもうじっとしているのも辛いのが見て取れる状況。
我々のフリースは、濡れていても肌に接する部分が冷たくないし、ウールほどではないにせよ熱を保っているので、体力にはまだ余裕があった。
でもあまり猶予はない。かと言ってあの道をもう一度引き返すのも相当ハードなルートだし、かなり困難だ。僕らはまだ明るいうちに下に山道と平行するように林道があるのを発見していたので、今いる山道から下にある林道に降りられるところがないか探しに行くことにした。
2人にはエンジンをかけたままの4ストシングルの熱をもらいながら待っていてもらい、ツルツルすべる雪の道なき道を歩いて降りる。いきなりバイクで行ったらもしも登り返せない時にピンチになるからだ。何度も転んだり滑って、かなりタイトなつづら折れの道の真ん中に横たわる大きな倒木にしがみつくようにしながら、急角度でまっすぐ転がり落ちるように下ると、その下は舗装された林道だった。
かなり厳しいがなんとかバイクは通せるだろう。急いでバイクのあるところまで戻ると2台のバイクは淡々とアイドリングを続けていたし、待っていた2人もかなりライフレベルは下がっていたけどまだ大丈夫そうだった。彼らの口にスニッカーズを押し込み、4人でバイクに跨がり急な斜面を下る。ブレーキは全然効かないけど、ところどころはフォークダンスみたいにバイクを抱えて一気に降りるしかない。愛と苦闘のフォークダンスだ。僕らはこうやってどんどんバイクと仲良くなって信頼関係が出来るのである。
雪まみれになりながらなんとか4台を林道に下ろした。
やった!これで雪の中で笠地蔵みたいに立ったまま冷凍人間になることは避けられた。
果たしてこの道はどこに通じているのか。手持ちの2万5千分の1の地図にはまだ反映されていない新しい林道だけど、きっと車のあるところにたどり着けるはずだ。
雪はちょうどフロントアクスルシャフトのすぐ下くらい、乗ったまま走れるギリギリのいい感じの深さだ。走ってるとだんだん身体が温まって手足に血が通って来るのがわかる。少しライフレベルが回復して来ると頭の中はラーメン食べたい、温泉入りたい、暖かい布団にくるまりたい…もう僕らは走る煩悩のかたまりである。
少しペースを落とすとすぐに寒くなる。走るスピードで運動量が全然違うのだ。
それでも1時間以上林道を走って、やっとのことで車にたどり着いたのが午前1時。
本当に生きててよかった!そして一緒に行った仲間も全員生還できてよかった!

以来どんなに簡単なミッションでも水筒に水は満タン、おにぎりは5個買わないといけないというルールはこういう理由で決まったのである。

Wednesday, April 11, 2018

物を作ることと文章を書くこと

 僕も人並みに、いや人並み以上にイライラしたり、頭がこんがらがってどうしたらいいかわからなくなることがある。
実にまったくね。
人はそういう時に音楽を聴いたりバイクをぶっ飛ばしたりするんだと思う。
 音楽は大きな音で聴きすぎて耳が悪くなっちゃったし、イライラした時バイクで思いっきり走ってひどい目に遭ったので、僕は最近では物を作るか文章を書く。
正確には文字を打つんだけどさ。自分の言いたいことを文にしていると、ちょっとイライラしたことなんてどうでもないような気がするし、ミシンを踏んだり、ヤスリで削って金属の合わせ目を丹念に合わせていると自分が部屋ごと水中深く沈んでいくような不思議な気持ちいい感覚なんだ。
治癒行為と呼んでるんだけど、ホントに心が落ち着く。
普段人と話すのは大好きだし、全然苦手じゃないんだけどね。

と言う訳で僕がメールや電話やLINEに返事しないときは、水中深く潜行してるんだなって思って下さい。



Wednesday, March 28, 2018

大ちゃんとウィスキー

大ちゃんは無類の酒好きだ。普段はどっちかというと仏頂面で、家の電話なんかにかけようものなら、暗い地下室から聞こえるような声で「はい…」「はい…」って不機嫌なロボットみたいな相づちを打つだけで盛り上がらないことこの上ない。
ところがだ、酒飲んだらもう陽気なんだよ。そして飲み会で難しい機械の話を解説するのが大好き。
飲み会のためにわざわざ長野の自宅から大きな星形エンジンの図面を持って来るんだぜ。
それをでっかく広げて「星形エンジンのクランクはどうなってるか知ってる?」なんて話を、目をキラキラさせながら説明してくるんだ。

ラフロイグとかボウモアみたいな高いアイラのウイスキーを持って来て
尻込みするみんなにヨードチンキみたいな匂いのキツい酒を、ほぼ無理矢理に飲ませながら、アイラ島の冷たい海から吹いて来る潮風と、ピートの話をするんだ。